はじめに

一倉宏さんからのメッセージ


 過日、山田新学長、西川・田中副学長ほか学校幹部より
大学の「ブランディング」の相談を受けました。

私は意気に感じ(できるところまで)
無償でプレゼントすると約束しました。
具体的に現在進行中のものは

「タグライン(キャッチフレーズ)」
(まず本年の入学式のバッグにデザイン)
「大学基金(奨学金・新設)」ネーミングとPR
「イメージソング」
(作曲/吉川洋一郎@yoichiro_y=3期生・音楽家) 

・・・などです。
内容はまだ未公開ですが、大筋順調に動いています。
デザインに関しては原忠信くん@tad_hara(電通から芸術講師)
が進めてくれています。

国立大学としては画期的なトーン&マナーになるかと思います。
とはいえ・・・メディアがなくては・・・
そこで! 社会的な、ジャーナルな、伝達が肝になってきます。
みなさんのお力添えをお願いします。
近頃、学校のブランディングは「はやりもの」になってますが。
こちらは、ひと味違います。愛校心です。取材価値、あります。

特にマスコミ関係・周辺にいらっしゃるみなさん。
取材・仕込み・クチコミ等、よろしくお願いします。
(ただし・・・ビジネスは持ち込まないでください。
あくまでも精神は「ボランティアだぜ、おっかさん!」です)

筑波は「21世紀を先取りする大学」でした。
その時はすでに、来ています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

以上、卒業生のご協力をお願いします。

いずれ、ボランティア事務局を立ちあげるつもりです。
まずは、ゆるやかな「応援ソサエティ」をはじめましょう。



 2010年3月9日


筑波大学ブランディングについて
※ 筑波大学オフィシャルサイト