2010年11月24日

NHKラジオ第一「渋マガZ」でメッセージソング披露

12月19日(日) にNHKラジオ第一で放送される「渋マガZ」で筑波大学が特集されます。番組の中でメッセージソング「IMAGINE THE FUTURE. ~未来を想え」が披露されます。
※ 放送時間や内容は、NHKの番組ホームページでご確認ください。

※ 追記
当日の模様が筑波大学のホームページで紹介されています。

4 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

筑波大学生です。サイトを拝見させていただきました。

まず、貴団体について。
どなたかからのメッセージや時系列の説明は
Webサイトからわかりました。
"TSUKUBA BRANDING CREWS"というのが団体名でよろしいのですか?
代表者、メンバーはどなたなのですか?
大学との関係性などもはっきりさせていただきたいと思います。

最後に、
僕ら学生が貴団体に意見を言う権利はあるのでしょうか?

ただ、僕自身の周りの学生に限って言うならば、ぜひブランディングプロジェクトはやめていただきたいという意見が大半だという事を伝えておきます。

R.Arai さんのコメント...

ご意見をいただき。ありがとうございます。
ぼくは卒業生の立場から参加している社会人のあらいです。

お問い合わせの件、まず筑波大学の価値を社会に表現するにはどうすればよいか考え、実現する取り組みは、ご覧いただいたとおり、2009年4月に山田信彦学長が就任された際に、「筑波大学のアイデンティティの確立」を表明されて、広報戦略室と学長補佐室で「筑波ブランド」の構築を検討したことからはじまりました。

卒業生の社会人は大学に対して、この取り組みに無償のボランタリーで参加を申し出て、教職員のみなさんに協力しています。また、特に団体という形態はとっておりません。

協力の申出、お問い合せについては、大学の窓口があるので、ご意見やコメントにあるようなご不明点を確認されたい場合は、ご連絡されてはいかがでしょうか?

branding#@#un.tsukuba.ac.jp
(※「#@#」は,「@」に置き換えてください。)

匿名 さんのコメント...

早速の返信ありがとうございます。
大学の窓口があるとの事なので
そちらに質問させていただきます。

卒業生の方々は自由意思で活動に参加されているという事なので、
今後また活動される予定がありましたら、是非、現役の学生のための活動をして頂きたいと思います。

以下は個人的な感想です。
団体という形態でない、ということですが、
今後の活動により、問題が生じた場合などの
責任の所在をはっきりさせておいた方がよいのでは無いか、と思いました。
また、団体で無いにしても各活動の発案者、各情報の発信者などがどこの誰なのかぐらいは明記してほしいと感じました。

小高美保 さんのコメント...

はじめまして、匿名の現役学生さん。7期人間学類卒業の小高と言います。
きっと、ここに書きこむのは、すごく勇気がいったと思います。思い切って、書きこんでくれて、どうもありがとう。
この掲示板を見に来るOB・OGや、ボランティアで参加しているOB・OGの皆さんは、自分達も就職や仕事などで、いろいろ大変だったから、今の現役の筑波大生が、これから社会人になっていく中で、現実役に立つことがあれば、ぜひ何かしたいと思っている人達だと思います。
ですので、現役学生の皆さんが、こんなことは出来ませんか?とか、こういうことで手助けがあれと思うのですが…といった意見を、どんどん出してもらえたらいいなと思っています。
そうでなければ、現役学生のほんとうに役に立つことが何か、私たちは、よく分からないのです。もし、皆さんから見て、私たちOB・OGが、分かってないなあ…トンチンカンだなあ…っていうのでしたら、この掲示板を利用して、いろいろ提案したり、可能性を問いかけてみたりして下さい。
私たちOB・OGも、皆さんの意見を聞いて、私たちに何が出来るか、一生懸命考えていきたいと思っています。
勇気を出して、書きこんでくれて、こんなふうに話ができたことを、とにかくとっても嬉しく思っています。これからも、現役学生の視点からの忌憚のない意見を書きこんで下さいね。