2010年7月6日

TSUKUBA STUDENT FORUMを終えて

 
P1010914
画像をクリックするとスライドショーが表示されます。

さる7月4日(日)に「筑波大学のおもしろさを学生、OB・OG、教職員で語り合おう」という、TSUKUBATSUKUBA STUDENT FORUMが開催されました。

TSUKUBA BRANDING CREWSのネット担当、97年自然卒業のあらいです。自然学類が現在の生命環境学群の地球学類だとはじめて気がつきました。会場でネット(USTREAM)でご参加いただいた方々、企画と運営をされた学生の皆さん、ありがとうございます。

大学がブランディング・プロジェクトで目指すことやメッセージが意味することなど、まだまだ知られていない、理解できないと感じている人が多いことを実感しました。こちらのブログでも上にある「はじめに」や「これまでとこれから」、右にある各リンクでこれらを案内しました。

今回のイベントを終えて、一倉宏さんからのメッセージです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


IMAGINE THE FUTRUE.=大学のブランドメッセージは
いちばん大きな「器」「旗印」の話であって
学生諸君の日々の行動との関係性に
なかなか合点がいかなかったのかも知れません。

それは、こう考えてください。
みなさんがきょう、このイベントを終われば、また
課題のレポートについて、サークルの練習について考えるように
私たちたちもまた、明日からの仕事の準備をしなければなりません。
それが日常であり、日々のリアルな営みです。

そして、その営みがなされている場所=それは喩えれば
みなさんがいままさに乗っている「大きな船」で
そこには「IMAGINE THE FUTRUE」という旗が掲げられている。
そして、私たちもかつて、その船の乗り組み員でした。


IMAGINE THE FUTRUE.
そのメッセージの生まれた意味は、次のコンセプトにまとめてあります。
最初に、その話からはじめるべきだったかとも思います。


筑波大学は「新構想大学」と呼ばれ、「開かれた大学」を
開学の理念として生まれました。旧来の大学のありかたを
反省し、「学際」そして「国際」化への「改革」を掲げた、
原点もアイデンティティもここにあります。その後の時代
の流れをみれば、この理念の予見したものが、いかに先進
的であったかがわかります。学際化、リベラルアーツ教育、
産業と学問の連携、国際交流、留学生の受け入れなど、こ
とごとく時代の求めるところとなってきました。私たちは、
この理念の先進性、先見性を誇りに思うべきです。
あえていうならば、私たちは「伝統校」「名門校」の称号
よりも、新しい、開かれた「先端校」「先進校」の理念を
選んだのです。東京高等師範、東京教育大学という伝統の
誇りはいまでも私たちの内にありますが、東京を離れ筑波
に地を得たとき、誓ったものは新しい「改革」と「挑戦」
の理念でした。「筑波」とは地名ではなく、その理念の代
名詞と思うべきです。改革者は改革をやめず、開拓者は開
拓をやめません。つねに、開かれてあること。みずからの
改革をつづけ、時代の矢印となること。筑波大学が目指す
ナンバーワン、オンリーワンとは、最も「未来志向」の大
学であること、ではないでしょうか。世界と未来に向いた
TSUKUBA CITYの中枢として。医学・体育・芸術もあり、
肉体性と感性の領域まで含む人間理解と人材育成を目指す、
真の意味での総合大学=UNIVERSITYとして。
筑波大学とは「未来へのフロントランナー」である、と、
あらためて確認して、この新しい伝統のバトンを、絶える
ことなくリレーしていただきたいと思います。


これが「筑波大学という存在」の目指す、いちばん大きな意味です。
その「器」、あるいは大きな「船」の中での、日々の営みを
思い切り、のびのびと、楽しんでいただきたいと願います。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・