2010年5月21日

筑波大学ネットワーク

 
P1010772

筑波ブランディングプロジェクト(TBC)に参加している97年自然卒業のあらい(@racconok)です。このブログやまだ出せていないのですがニュースレターの運営をお手伝いしています。メッセージソングやブランディングは既にスタートしていますが、インターネットで卒業生や大学生、教職員、関係者の誰もが参加できるソサエティができればと考えています。

P1010771
ご一緒にお話しをした左から広報の生井さん、総務課の菊地さん、須藤さん、木村さんです。

そこで今日(5/21)久しぶりに大学に行って、総務課にお邪魔して、ご一緒にお話しをしてきました。既に学内で進んでいる筑波大学ネットワークの計画をお聞きして、私たち卒業生が現役の学生と一緒に手弁当でできることはないか、意見交換をしました。

tsukubasociety100414.pdf卒業後も大学との絆を持て、学生も専攻やサークルの周りにいる同級生だけではなく、卒業生や教職員、関係者、専攻や学年の違う学生ともつながりを持てるようなネットワーク、それが一倉宏さんが提唱されたソサエティを聞いたときの私の実現イメージです。具体的には右にある画像をクリックして当日持参した企画書(PDF)を参照ください。

打合せで私は、(1) 卒業後もずっと使えるメールアドレス、(2) 誰でも使えるメーリングリスト、(3) 卒業生のプロフィールや仕事、学生の話題や大学のトピックを紹介するブログ、(4) 筑波版mixiのようなSNSを段階毎に実現していけないだろうかという企画をお話しをしました。

特にメールはパソコンやケータイで老若男女を問わず使いこなしている人が多いので、(2) メーリングリストを使ったニュースレターや同窓会メーリングリストなど使い勝手がよいのではないかと思います。最近、英語圏で人気の高いSNS、Facebookでは大学の卒業生や学生である証明のため、大学から発行された(1) メールアドレスの登録を求めており、そのことやスタンフォード大学などアメリカのalmni networkの先行事例もご案内しました。

P1010773
本部棟には青山裕子さん、中山雅史さん、石原恒和さん、粟飯原理咲さん、谷本歩実さん、乾正人さん、三澤章広さん、
各界で活躍される卒業生のパネルがありました。

(4) SNSなどを使った(3) ネット版卒業生名簿は、就職活動のOB/OG訪問、学内で行う活動などへの助言や参加の呼びかけなど、学生や教職員、関係者、地域との結びつきでも、面白い可能性があるのではないでしょうか。などと実現したいことのイメージや実現方法などをお話ししました。

打合せでは、学内で具体的に実現する内容を検討した上で、参加する学生への呼びかけなどを前向きに考えたいとの返事をいただきました。

ブランディングやメッセージソングは卒業生と学生、教職員、関係者が一緒になって、共に考え作る協働での取り組みが計画されています。インターネットを使った筑波のソサエティも、実現したいこともその方法も含めて、これから考え、形にしていきたいと願っています。
...
まず、ネットの仕事に携わる卒業生や詳しい学生の方々と集まりたい、そして来年夏にTBCで予定している筑波のイベントでお披露目を目指して、ワークショップをはじめられないでしょうか。ご意見や協力の申出、ご提案などをお寄せいただければ、ありがたいです。もちろん参加は手弁当、「ボランティアだぜ、おっかさん!」です。

3 件のコメント:

中村直史 さんのコメント...

あらいさん
おつかれさまでした。
卒業生のネットワークに関する
あらいさんが示してくれた方向性、
わかりやすかったです。
中村直史

善名朝子 さんのコメント...

芸術専門学群の在校生です。

まさに今、学内SNSに関する卒論執筆中です。
昨年、半年間ほど芸専を中心としたSNSを新たに設置し、試験運用しました。
その成果と合わせて、論文ではコミュニティ活性化に関わるSNSの有用性を提示する内容です。
本論文が今後、何かのお役に立てれば幸いです。


■GEISENet.
http://geisen.sakura.ne.jp/
(登録はユーザー資格のある者のみ)

R.Arai さんのコメント...

善名さん、あらいです。ありがとうございます。
学生や教員、卒業生の有志のみなさんがそれぞれの専攻などで、SNSやメーリングリストのようなコミュニティを作っていると、お聞きしているます。
筑波大学でひとつに結びつくことを願って、アイディアをご提案しています。
ぜひ、卒論の内容もお聞かせください。
(コメントの表示が遅くなり、ごめんなさい)