2010年4月24日

他大学の動きなど


大学のブランディングといえば
アートディレクター佐藤可士和による明治学院大学の事例が
成功例として有名でしょう。

さすが、佐藤可士和、おしゃれです。
これは、完璧なU.I.( University Identity )の一新。
あらゆるビジュアル面の一新ですから、大変なコストがかかります。
けれど「受験者数が増えた」という端的な成果も上がりました。
私立大学としては、それだけでも大成功。

http://www.meijigakuin.ac.jp/project/branding/



もうひとつの話題は相模女子大学。
アートディレクター葛西薫さん、コピーライター前田知巳。
こちらも、葛西さんテイストで、学内を染めるらしい。




みな、コストのかかるビジュアル(デザイン)から一新。

また、私立大学では立場が違いますが。


昨年、静岡新聞主催の広告賞審査では・・・

静岡大学の全面広告がノミネートされていました。

国立も新聞広告を打つ時代、なんですね。


私たちは、まったくのボランティアです。


まず「メッセージソングづくり」からはじめたのも・・・

吉川君と私と、その友人たちの好意を集めることで

なんとか動き出せる、そして学内の関心を集めるためにも

理屈より「感性のスピード」で、と考えたからでした。


私たちは、まず、学生、職員、関係者の気持ちを動かしたい。


このプロジェクトには「手弁当でも参加したい」という

卒業生が何人も手をあげてくれています。

みなさん「筑波には特別な想いがある」といって。


・・・これって、筑波ならでは、と思う。


みなさんの想いを、結集したいです。





0 件のコメント: