2010年3月29日

TBCキックオフ議事録 2010/03/26

日時: 2010年3月26日(金) 場所: 武藤マーケティング研究室
参加者: 一倉宏、吉川洋一郎、武藤真澄、原忠信、新井良平(記)
※ 敬称略

#1 これまでの経緯(一倉)

山田学長より相談、依頼があり、
ブランディングプロジェクトがスタート。

筑波大学のスローガン
その理念を表現したメッセージソング案
筑波大学基金のネーミングとPR案

以上を提案、大学執行部の承認を得た。
【内容は4/1に学長発表予定】

当案件は西川副学長が担当、原さんが実働を任される。


#2 このプロジェクトのアクションプラン

(一倉)
メッセージソング制作を1年間のブランディングイベントに。
プロの歌手が歌うだけでは完結した楽曲になるので、
学内外関係者でオープンな盛り上がりを作っていきたい。

(吉川)
歌い手のオーディションも、コーラス、演奏者も関係者から
募り、学内でのワークショップにする予定。(大学承認済み)

(武藤)
学校関係者、学生、卒業生、誰もが分かり、つながれるような
具体的な目標をイメージしたい。
例えば、ウッドストック的なイメージで、ある一日キャンパスを
開放し、大同総会(バックトゥスクール)を開催するのはどうか。
【この企画については順次公開】

(一倉)
ネットワークの再構築にも役立つ。ぜひやりたい。
その基礎づくり、それからコミュニケーションの復活の意味でも、
ネットを活用した「クラス会ルーム」を設置できないか。

(あらい)
人間7期の成功例がモデルになる。
ネットにつよい学生、関係者の協力を集め、提案したい。

(武藤)
在学生の就活を支援するネットワークも構築したい。

(原)
このプロジェクトには学生の関心も非常に高い。
学生にも役割分担し、参加意識をもたせたい。


#3 今後の予定

4/14(水)の山田学長の特別講義に向けてメッセージソングのインストを完成
TSUKUBASTOCK(仮称)の企画書を大学側に提案

0 件のコメント: