2010年3月11日

一倉より 〜 みなさんの声を聞かせて



今回の提案にあたり、

基本のコンセプトをつぎのように考え、

学長、副学長にお伝えしました。



筑波大学は「新構想大学」と呼ばれ、「開かれた大学」を

開学の理念として生まれました。旧来の大学のありかたを

反省し、「学際」そして「国際」化への「改革」を掲げた

原点もアイデンティティもここにあります。その後の時代

の流れをみれば、この理念の予見したものが、いかに先進

的であったかがわかります。学際化、リベラルアーツ教育

産業と学問の連携、国際交流、留学生の受け入れなど、こ

とごとく時代の求めるところとなってきました。私たちは

この理念の先進性、先見性を誇りに思うべきです。

あえていうならば、私たちは「伝統校」「名門校」の称号

よりも、新しい、開かれた「先端校」「先進校」の理念を

選んだのです。東京高等師範、東京教育大学という伝統の

誇りはいまでも私たちの内にありますが、東京を離れ筑波

に地を得たとき、誓ったものは新しい「改革」と「挑戦」

の理念でした。「筑波」とは地名ではなく、その理念の代

名詞と思うべきです。改革者は改革をやめず、開拓者は開

拓をやめません。つねに、開かれてあること。みずからの

改革をつづけ、時代の矢印となること。筑波大学が目指す

ナンバーワン、オンリーワンとは、最も「未来志向」の大

学であること、ではないでしょうか。世界と未来に向いた

TSUKUBA CITYの中枢として。医学・体育・芸術もあり

肉体性と感性の領域まで含む人間理解と人材育成を目指す

真の意味での総合大学=UNIVERSITYとして。

筑波大学とは「未来へのフロントランナー」である、と、

あらためて確認して、この新しい伝統のバトンを、絶える

ことなくリレーしていただきたいと思います。



みなさんの考える「筑波大学」像は、いかがでしょう。

ぜひ、コメントをお寄せください。


(方法のわからない方は「お問い合わせ」をクリック)

14 件のコメント:

TSUKUBA BRANDING CREWS さんのコメント...

みなさんの声は、こちらへのコメントのほか、お問い合わせフォームmixi Twiter お好きな方法でお聞かせください。

Ken さんのコメント...

比較文化学類の現役生です。

私が持つイメージ以下二点でしょうか。
①ある特定の思想や方法、テーマ、学問を称揚せず、止揚とオルタナティブを追求する学生を受け入れてくれる大学である。
②教授がしっかり個々の学生と接してくれる大学であり(そのような理念、環境、教授の意識が整っており)、一学生の研究の仕方、推論の方法、学問的追求の理想や授業中の考えなど無視しない大学である。

未だかつてない体系、視点、授業を作りながら、それらが全体化することのない動性を保っている。
そういう力のある学校だと思います。

「飛行中でも常に翼を作り変えることを恐れない大学」

一倉 宏 さんのコメント...

おお。なかなか深い。おもしろい表現です。

タコ壺的学問から、多元的、創造的な、開かれた学びへ。
現役の学生さんがそう感じているということは、建学の理念が生きているなによりの証と嬉しくなりました。

三歩 さんのコメント...

比較文化学類の卒業生(2003年卒)です。

これは学科によって違うと思うんですが、比文は独立心旺盛で群れないというイメージが強かったです。研究対象も各自に任されていて自由。授業数も多く、設備や教師も充実していて、勉強しやすい場所でした。ぼくは個人行動が好きな学生だったのですが、孤独を許してもらえる点が好きでした。因習や学内ヒエラルキーがあまりない(ように見えた)ところもよかったです。良い意味で若さがある大学だった気がします。

他学部の授業を受けられたり、幅広く横断的な学問を学べるのもいい点でした。今も学んだことや人脈を仕事に生かせています。

一倉 宏 さんのコメント...

三歩さんの感想も
筑波が目指した理念を裏打ちしていると思います。
「自由」「因習がない」「横断的」など。

「若さ」!
スティーブ・ジョブズがスタンフォードの卒業式でした
名スピーチを思い出しました。

「 stay hungry, stay foolish 」

youtubeで見られます。カッコいいです。

匿名 さんのコメント...

 初めまして、筑波大学人間学類7期の小高美保といいます。私たち人間学類7期は、卒業後5年経ったところで、熱心に幹事をする方がいて、最初の同窓会を開きました。ところが、その方が、その数年後若くして病に倒れ、亡くなってしまい、その後同窓会をすることなく、歳月を重ねてしまいました。
 去年の今頃、4月から異動で中国へ赴任する同級生の壮行会が開かれ、それをきっかけにして、名簿を作って同窓会を、入学から四半世紀の来年開こう!ということになりました。ほぼゼロから、人づてを頼って名簿作成作業を行って来ましたが、つい一ヶ月ほど前、現存者116名のうち、114名は、連絡可能というところまで、漕ぎつけて名簿が完成いたしました。卒業以来、ほとんど会っていなかった同士で、チームを組んでの作業でしたが、これが、もう驚くほど息のあった連携プレーでした。
 「同じ釜の飯を食べた同士」の絆の強さと、細々ながらも、ずっとみんな繋がり続けて生きてきたんだということに、改めて気づき、感動いたしました。
 先進性、未来志向で集まった同士の、この絆の強さが、私にとっての、まさに筑波大学です。今回のプロジェクトで、基金が創設される計画があることを知り、嬉しく思っております。来年初夏に予定されている人間学類7期同窓会で、この基金のための募金活動など出来れば、集まったみんなの熱い気持ちが、気持ちよく昇華されるのではと、期待を膨らませております。

一倉 宏 さんのコメント...

小高さん、ありがとう。

卒業すると、個人間のネットワークとコミュニケーションしかなくなるのが現状でした。残念ながら学校主体ではできていませんし、ようやくいま再構築を模索しているところのようです。
人間7期の動きはとても励まされ、参考になります。まずは年度、学類単位のネットワークができれば、それを集約していけます。
いままで、出筑波後のネットワークもコミュニケーションもなさ過ぎました!

基金の精神も、まさにおっしゃる通りです。
単なる寄付集めでは決してなく、OBOGたちの「気持ち」をこそ結集して、いまからでも遅くはない、双方向のコミュニケーションを築くよう、大学にも進言しておきます。

aracab さんのコメント...

96年自然学類卒、中村直史です。
今日初めてこのサイトにきました。
わくわくしますねー。

僕の筑波大学のイメージは実験場です。
在学中はそんなこと
考えてませんでしたが、いま思えば
実験場だったなあ、と。

別の考え方はないのかを探す実験場。
人の体ってどこまで動くんだ?を探る実験場。
どこまでバカやれんだろうの実験場。

実験場だから、たくさんの失敗が
つきまとうでしょう。
でも僕は失敗がたくさん
ある場所であってほしいと思います。
それはトライがいっぱいあった、
というあかしです。

「またなんかヘンなことやってるぞ」とか
「バカだなあ」がほめ言葉の大学で
あってほしいと思います。
僕はそういう感覚で接してくれた
筑波時代の仲間とか先生にいますごく
感謝してるので。
・・・今までそんなに愛校心あると思って
なかったのに。やっぱり好きなのかあ。

一倉 宏 さんのコメント...

やあ。
コピーライターの後輩の中村くんだね!

Stay foolish !

ブランディングのこれから、手伝ってね。

小高美保 さんのコメント...

上記投稿者の人間7期小高です。URLがないので、匿名を選んでしまいました。名前でオッケーなんですね。失礼いたしました。

人間学類7期のMLに、上記一倉さんとのやり取りを掲載させていただいて、構いませんでしょうか?

とりあえず、このブログのURLは、MLを通して、人間7期のみんなにお知らせしようと思っております。

今回人間7期の名簿作りは、MLの存在が、すごく大きかったです。アメリカやオーストラリアなど海外在住の方々とも、つながることが出来ました。インターネットありがとう!って感じです。

一倉 宏 さんのコメント...

ぜひぜひ!
情報を広げていってください。

人間7期にならって、それぞれのネットワーク再構築。
まずはそれがスタートだと、あらためて思いました。

岩崎友彦 さんのコメント...

96年自然学類卒、岩崎友彦です。

すごいですね、僕には故郷と呼べる街がないのですが、
数十年ぶりにそんな街に帰省したら
こんな色彩で風景が見えるんだろうな、と思うくらい
画面が鮮やかに近しく見えます。

あれだけ最初は殺風景な田舎と思ったのに(笑)

正直ネットのつながりが苦手でmixiもやめちゃったのですが、
このコミュニティはちがいますね。

時空を超えたオープンキャンパス?

時間軸も空間軸もクロスオーバーしてるのに、
ほっとする自由で実直な求心力があって、
これって、どこから大学構内かわからない
筑波ならではの“キャンパス観”そのままじゃないですか。

僕はその感じが好きでした。

No Border. (あ、groudの高松さんも筑波じゃないか!)

境界線で物事を簡単に規定しない。
そのぶん、真剣に“見ること”と“考えること”を
自分の責任において求められる。

そしてその“自分とは何か”を、真剣に問われる。

あの環境に大学を置いたということ自体が
アイデンティティの一つだと思いますが、
陸の孤島ゆえ、自分の輪郭とがっぷり四つで向き合わなければならない。

めちゃくちゃカッコよく言えば
Dead poets societyで森に行くように、
僕らは筑波にいられたのだと思います。(うーん、また中村直史に突っ込まれるな)

でもそうやって「人間をつくる」のが
大学たるもののいちばんだいじな丹田ではないかなあ、と
僭越ながら思ったりしています。

Ph.Dの正式名を教授に聞いたとき得心したものです。
どの分野であろうとも、僕らの先生はDoctor of Philosophyだと。

真理を求める。
そのための自由には、妥協しない。

そんな本質的な礎がしっかり息づいてる大学だと僕は思っています。
僕には故郷と呼べる街がないですが、
精神のふるさとはどこかと問われれば、きっとつくばと答えます。

在学/OBOG/教職員のボーダーなく
新しいオープンキャンパスのカタチが見えてくるといいですね!

一倉 宏 さんのコメント...

学際=BORDERLESSは、
筑波大学が建学当初より掲げた理念です。
それを誇りにしていいと思う。

CUP NOODLE「NO BORDER」の高松くん。
声かけたんだけど、忙しそうで、まだ「NO REACTION」です。

ラッコの毛 さんのコメント...

一倉さんのコメントにあったジョブスのスピーチです。
http://video.google.com/videoplay?docid=9132783120748987670#